一般歯科

方針イメージ

 一般歯科治療は歯科の2大疾患である「むし歯」「歯周病」の治療が主になり、その多くは保険治療範囲内となります。
 虫歯の治療は、むし歯になった部分を必要最小限に削り、そこに樹脂を詰めるコンポジットレジン治療、金属を詰めるインレー修復治療が多いといえます。虫歯の範囲が大きい場合は金属製のかぶせ物であるクラウン(冠)もこの範囲に入ります。
 不幸にも歯を失ってしまった場合はブリッジや入れ歯によって補われます。

これらの治療法については、各項目にてご説明をご覧下さい。

治療の流れについて

  • 問診

    まず問診表にご記入いただき、イスと机だけのカウンセリングルームでお話をお伺いいたします。その後診察室に移ります。
  • 診査・診断

    レントゲン撮影や写真の撮影、模型の作製、歯周病検査など、ご希望に応じた必要な検査をさせていただきます。
  • 応急処置

    痛みや腫れなどがある場合は、応急処置を優先して処置を行ないます。
  • 治療計画のご説明

    現在のお口全体の様子を、写真などを使ってご説明いたします。可能な治療プランをご提示しますので、ご納得いただいたものを患者様に選択していただき、治療内容を決めさせていただきます。
  • 治療・ブラッシング・食事指導

    安心できる個室診療室で最新医療機器を使った治療を行ないます。同時にお口に合ったブラッシング方法などもご説明いたします。
  • 治療完了・定期検診・PMTC

    お口の健康を維持するためには計画に従った治療を完了する必要があります。「風邪で内科にかかると2回ぐらいで終わるのに、歯科治療は時間がかかる」とのご意見を頂戴することがありますが、歯の数だけ病気があることもあり、全体のバランスも大切なことから回数がかかりやすいのが歯科の特徴です。しかし問題のないお口になれば、たまの検診だけで維持することもできます。  ずっと美味しく食事ができる人生を応援し、お手伝いいたします。